Trip to romance

趣味のあれこれのことを、書いていきたいと思います。 主にロマンス小説の感想です。 ネタバレが気になる方は、ご注意下さい。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ため息は愛のはじまり /サリー・マッケンジー

        ため息は愛のはじまり (フローラブックス)

ため息は愛のはじまり (フローラブックス)
(2009/10/05)
サリー マッケンジー

商品詳細を見る

あらすじ
アメリカ生まれの女教師サラは、亡き父の遺言を果たすため、大西洋を渡ってイングランドにいる親戚を訪ねることにした。イングランドに到着し、疲れきったサラは村の宿屋で一夜を過ごす。しかし翌朝、目覚めると、ベッドの隣にハンサムな全裸の男が寝ていたのだ!入り口でにやけている傍観者たちは頼りになりそうもない。そのうえ、そのおそろしくセクシーな男は公爵だと名乗り、体面を汚したから彼女と結婚すると言い出した―。二〇〇四年度ロマンス作家協会ゴールデン・ハート賞の最終選考まで残った実力派作家による日本デビュー作。



ヒーロー・・・モンク(修道僧)と言うあだ名のアルヴォード公爵様。
トキメキ℃てろてろはぁと02てろてろはぁと02てろてろはぁと02
ヒロイン・・・赤毛で痩せているアメリカ生まれの教師。
キュート℃てろてろはぁと01てろてろはぁと01てろてろはぁと01
感想
サラは嫌いじゃないけど、ちょっと癇に障る感じでした。
アメリカ人と英国人をいちいち比べる所とか、あの話し方もあるのかも。
~ますの、~ですわ、~ましたの、~ですのとサラの性格と合わさるとなにやら・・・。
何か、笑いたくもなりました。
でも、サラ心の中は毒舌ですよね。
結構人をこき下ろしてます。
“かぎ鼻が言った”とか、シャーロットを“あの陶器の人形”とか、太鼓腹の玉葱臭いサイミントンを“残り物の羊肉程度の魅力しかない”とか。
笑えます。

“サラは、なんてお堅いの!”と思っていたのに、ジェームズの告白にはホント、びつくり
びっくりじゃなく、びつくりですよ。
その時は、ちょっと眠いなーと思いながら読んでいたんですが、一気に目が覚めました。
思わず本を閉じるわたし・・・。
“ん、なんと?”と思って、本を開き目が点でした。
公爵様ですよ?28才ですよ?いやー、びっくりくりくり。
だって堂々としているし、サラを誘惑したり、今までそんなそぶり無かったのにねー。
最初に“彼がこれまで見た中でもっとも美しい娼婦だった。”って言ってたから、てっきり。
あの16才の時の体験からしたら、相当きれいにも見えたんでしょう。
あの時の娼婦と外見は、特に対極にいるのがサラですもんね。
あのモンク(修道僧)と言うあだ名も貴族の皆が思っているように、逆説的な意味だと思っていました。
本当にそのままの意味だったとは!

リチャードは、精神病んでます。
ホント、根拠の無い言いがかりで怖い。
最後のサラをいたぶるシーンは、読んでいられませんでした。
2度も襲われるとは、サラは気の毒すぎます。

お気に入りシーン&セリフ
ダンラップに襲われ、ガリガリだと言われて傷ついたサラを手当てする、ジェームズの慰めの言葉
“きみは美しいよ、サラ。ぼくにとって、きみ以外の女性の体は、単に大きくて柔らかいクッションに過ぎない。”

ジェームズとサラの醜聞のうわさがが広まった時、サラが自分のことを“放蕩女”と考えた所。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

咲

Author:咲
趣味のあれこれのことを、書いていきたいと思います。
主にロマンス小説の感想です。
ネタバレが気になる方は、ご注意下さい。
読むのが遅いですが、マイペースに更新していきたいと思います。

只今、読書中・・・

咲の今読んでる本

TORIPした本 1

TORIPした本 2

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

右サイドメニュー

只今・・・

サッカー名選手画像

生命保険相談屋によるパーツ

最新コメント

ぺそぎんがんばる

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Pika_Mouse

powered by
3ET

FC2カウンター

ぺそぎんジャンプ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。